子宮筋腫の症状を治療するには?

薬物治療

薬の治療では閉経状態にしてしまう治療(偽閉経療法)が行われます。

 

治療薬には毎日の点鼻薬(鼻からのスプレー剤)と
4週間に1回の注射薬の2種類があります。

 

しかし、この治療では女性ホルモンの分泌が少なくなるので
更年期様の症状がでたりするため半年しか治療できません。

 

また、治療初期には不規則な出血を認めることもあります。

 

治療中は子宮筋腫が半分近くまで小さくなりますが、
治療を中止するとすぐに元の大きさに戻ってしまいます。

 

ですから、筋腫を小さくするために、手術前に一時的に使用するか、
閉経に至るまでの一時的治療として行われています。

 

もう一つの治療法としてピル(経口避妊薬)があります。

 

最近のピルは女性ホルモン量が少ないので、筋腫が大きくならず、症状も楽になります。
また、更年期様の症状もありません。

 

しかし、いつまで続けるのかが問題となります。

 

その他の治療法として、子宮を栄養する血管をつめてしまう治療法(子宮動脈塞栓術
もあります。

薬物治療に使われている薬「GnRHアゴニスト」

子宮筋腫だと診断されたからといって、すぐに摘出手術を考える必要はありません。

 

検査をしていった結果、それほど筋腫のサイズが大きくなければ、
薬物治療を行っていくことも可能です。

 

子宮筋腫は卵巣ホルモンであるエストロゲンの働きによって、
筋腫が大きくなり、様々な症状が出てきます。

 

このホルモンの働きを抑制するために薬物が投与されるのですが、
その薬物治療に使われているお薬が「GnRHアゴニスト」という薬です。

 

この薬は、一時的にエストロゲンの分泌を抑えて、
筋腫の大きさを小さくしてくれるのです。

 

長期間投与することにより、月経が止まります。

 

月経が止まると、子宮が小さくなりますから、一時的ではありますが、
閉経した時と同じような状態になるのです。

 

そうすることにより、筋腫のサイズも小さくなっていくのですが、
半年から一年くらいはこの薬を投与しないと、
筋腫のサイズが小さくならないといわれています。

 

服用の期間が長いだけならともかく、ホルモンの動きを抑制する薬ですから、
副作用が出てしまうことも少なくありません。

 

主な副作用としては、手足の冷えや急なのぼせ、イライラなどです。

 

薬によって閉経時と同じような状態にしているため、
更年期障害で主に見られるような副作用が出てくる可能性があります。

 

また、GnRHアゴニストでは、筋腫のサイズを小さくすることはできますが、
筋腫そのものを完全に失くすことはできません。

 

一度は筋腫のサイズを小さくできても、
服用を止めてしばらくすると再発してしまうことも多いようです。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善