子宮筋腫の症状を治療するには?

子宮筋腫の治療法

一般的な子宮筋腫の治療法は、大きく分けて以下の2つです。

 

・薬物療法
・手術

 

子宮筋腫の症状があまりにも酷い場合、手術をする必要があるでしょう。

 

手術には、子宮を摘出する方法と摘出しない方法の2通りあります。

 

子宮を全て摘出してしまうことで、子宮筋腫に悩まされることはなくなりますが、
妊娠できなくなってしまいます。

 

妊娠を希望されている場合は、可能であれば子宮を摘出せずに
筋腫だけを除去する手術を選択しましょう。

 

ただし、その場合、手術中の出血が多くなったり、再発する可能性があります。

 

手術をするほどでもないと判断された時には、薬物療法を勧められることが多いです。

 

治療薬を投与することで、女性ホルモンの分泌が少なくなって月経が止まり、症状が改善します。

 

しかし、薬の投与をやめてしまうと、また元の状態に戻ってしまうので、
根本的な治療にはなりません。

 

また、完全に筋腫をなくすことも不可能です。

子宮筋腫の治療は保存療法から

子宮筋腫があっても、症状が出ていない場合は特に何も治療を行いません。
子宮筋腫の治療法は主に保存療法です。

 

定期検診によって筋腫のサイズや症状が出ていないかを確認するのみです。

 

そして、症状が出てきて治療が必要だと判断された場合、薬物療法が始まります。

 

薬物療法では鎮痛剤やホルモン剤を使用して、症状の改善を目指します。

 

子宮筋を緩める作用がある鎮痙剤を処方されることもあり、
どのような薬を使用するのかは医師の判断によります。

 

ホルモン剤を使用すると、一時的に月経を止めることができます。

 

月経を止めることによって女性ホルモンの分泌を抑制でき、
筋腫を小さくすることが可能です。

 

このように、まずは経過観察を行い、それから状況を見ながら薬物療法に移る
というのが一般的な治療方法になります。

 

また、薬物療法ではどうすることもできないと判断された場合は手術を行う可能性が出てきます。

 

手術はリスクも大きいので、十分にそのことを理解した上で受けてください。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善