子宮筋腫の症状を治療するには?

頻尿、便秘

子宮筋腫がさらに大きくなると、圧迫による症状が出ることも。

 

子宮の前には膀胱があるので筋腫が膀胱を圧迫してトイレが近くなったり、
逆に尿がスムーズに出せなくなってしまいます。

 

周りの腸を圧迫すれば便秘になります。

子宮筋腫の頻尿症状

子宮筋腫の頻尿症状は、大きくなった筋腫が膀胱を圧迫することで引き起こされます。

 

膀胱は子宮の前(お腹側)に位置していることから、
筋腫が膀胱を刺激して尿が溜まる前でもトイレに行きたくなります。

 

そのため、1日に何回もトイレに行く、睡眠中にトイレで目が覚める、
我慢ができない、尿漏れなどの症状が現れます。

 

頻尿症状が出ている時は、子宮筋腫が大きくなっている可能性が高いということです。

 

また、筋腫の場所によっては尿管を塞ぐように圧迫し、
排尿困難(尿が出ない)を引き起こしてしまうケースもあります。

子宮筋腫に伴う症状 便秘

膀胱の圧迫と同時に、腸管なども圧迫し
排便障害を引き起こしていることもよくあります。

 

便秘は、子宮筋腫の女性によくみられる症状ですが、
これは、成長した子宮筋腫が骨盤内にある直腸を圧迫してしまい、

 

直腸の管が狭くなったり、あるいは捻じれて管が狭くなるために、
便の排泄経路が塞がれて便秘となります。

 

子宮筋腫によって引き起こされる便秘の場合吐き気や腹痛を伴うことがあり、
筋腫の治療と一緒に便秘にも対策が必要となります。

 

直腸をふさぐことが原因の便秘は便が硬くなることが多いので、便を軟らかくするために、
日本人に不足しているカルシュウムや食物繊維などを積極的に摂ることだと思います。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善