子宮筋腫の症状を治療するには?

不正出血

不正出血とは、月経時以外に起こる出血のことであり、
女性であれば誰でも起こりうることです。

 

その場合は、おりものに血が混じっている、
月経の前後に出血がみられるというものがあります。

 

また、子宮筋腫や他の子宮疾患がある場合、
性交時に不正出血を起こすこともあります。

 

また、閉経後にも不正出血を起こすことがありますが、
ホルモンバランスの崩れが原因で起こります。

 

しかし、長く続くような場合は子宮筋腫や疾患が原因です。

 

不正出血は誰でも起こりうる症状ではありますが、
一時的なものであっても病気の可能性を否定することはできません。

 

出血量も、おりものに混じっている程度のものから、
月経量と同じ量のものまで様々です。

 

不正出血の裏に子宮筋腫やその他の病気が隠れている可能性があるため、
婦人科などに相談することが大切です。

 

不正出血が1週間程度続き、量も多い場合は月経と勘違いすることもあります。

 

見分けるポイントとしては、経血量はベトベトしているのに対し、
不正出血はサラサラしているのが特徴です。

 

出血が鮮血の場合は、どこかで出血が起こっている可能性が高いので注意が必要です。

月経時の痛み

子宮筋腫の生理痛・月経症状は、時に立ち上がれないほどの痛みや
外出ができないほどの出血を起こすことがあります。

 

これは、子宮内に筋腫ができる粘膜下筋腫、筋層内筋腫でよくみられる症状です。

 

生理痛では、お腹の強い痛み、長引く腹痛、腰の鈍痛、お腹のはり、頭痛があります。

 

子宮筋腫のない女性も同じような症状ですが、
子宮筋腫がある場合は、仕事や学校に行けないほどの痛みを伴うことが多いです。

 

その他の月経症状としては、レバー状の血の塊が出る、
出血多量に伴う、貧血、めまい、吐き気、顔面蒼白などがあげられます。

 

通常でも出血量は多くなりますが、
蛇口をひねったように大量に経血が出るケースも少なくありません。

 

この状態が続くと貧血で失神することもあるので注意が必要です。

 

大きい筋腫ができている、小さくても多数筋腫があるという場合によく起こります。

下腹部の痛み

子宮筋腫の腹痛症状は、酷い生理痛によって引き起こされるものと、
子宮筋腫が大きくなり他の臓器を圧迫することで引き起こされる腹痛があります。

 

特に子宮内膜にできる粘膜下子宮筋腫の場合は、
強い腹痛を感じることが多くなっています。

 

子宮の中に筋腫ができているので、月経時に厚くなった子宮内膜と一緒に、
外に排出しようと子宮が強く収縮するためです。

 

そのため、筋腫の大きさに関係なく小さい場合も強い痛みを発生します。

 

筋層内子宮筋腫の場合も子宮の内側にできているので、腹痛を起こす原因となっています。

 

一方、他の臓器を圧迫することで腹痛を引き起こすのは、漿膜下子宮筋腫です。

 

子宮の外側に向か合って筋腫が大きくなっていくので、周囲の臓器を圧迫し腹痛を起こします。

 

まれに、筋腫の根本部分がねじれを起こすことがあり、我慢できないほどの激痛を伴います。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善