子宮筋腫の症状を治療するには?

自覚症状が無いケース

子宮筋腫は、初期の段階では全く症状が現れないことも多いです。
会社の健康診断などで婦人科検診を受けたら、偶然発見されたなんてケースもよくあります。

 

子宮筋腫の症状は、筋腫の種類やできる場所、筋腫の大きさによっても変わってきます。
場合によっては、自覚症状がないまま、かなりの時間が経過してしまうことも少なくありません。

 

特に最近は超音波検査が普及してきたので、
触っただけでは発見できなかった小さな筋腫も早期発見できるようになってきました。

 

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状

子宮筋腫症の半数以上が無症候性です。
自覚症状がありません。

 

また悪性化も極めて稀であるため特に医学的な介入が必要がないことがほとんどです。
子宮筋腫は悪性化はしませんが、稀に筋腫か腫瘍か判断が難し場合があります。

 

粘膜下筋腫の場合は不正性器出血や月経困難症、不妊症の原因となることがあります。

 

性器出血の結果、貧血になったり、筋腫が巨大になると
筋腫分娩(子宮内の筋腫が垂れ下がって子宮頸管から膣へと脱出した状態)が起こることもあります。

 

漿膜下筋腫筋層内筋腫は巨大になると周辺臓器を圧迫して症状が生じることがあります。

 

 

子宮筋腫の症状

 

 

尿管、膀胱、直腸、腰仙骨神経叢を圧迫することで、
水腎症、排尿障害、便秘、腰痛を起こすこともあります。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善