子宮筋腫の症状を治療するには?

子宮筋腫

子宮筋腫のうちの約9割は、子宮体部にできる体部筋腫だといわれています。
そして、残りの1割は、子宮頸部にできる頸部筋腫です。

 

体部筋腫はできた場所によって、さらに3種類の子宮筋腫に分けられています。
子宮筋腫は、その種類によって、症状や治療法も変わってくるのです。

 

子宮筋腫 改善

 

 

しょう膜下筋腫

 

その名の通り、子宮の一番外側で
全体を覆っているしょう膜という膜の下にできる筋腫のことです。

 

この筋腫は、子宮の外へ向かって大きくなっていき、
子宮から突出してしまうケースもあります。

 

子宮筋腫の約2割が、このしょう膜下筋腫だと診断されています。

 

子宮腔を直接圧迫しないため、他の筋腫と違って
過多月経や貧血などの症状が出ないのが特徴です。

 

症状が出ないため、気がつきにくく、筋腫が大きくなってしまうことで
他の臓器を圧迫してしまい、頻尿や便秘を起こすこともあります。

 

 

筋層内筋腫

 

子宮筋腫のうち、7割と高い割合を占めているのが、筋層内筋腫です。
小さい物なら大豆程度ですが、大きい物だと鶏の卵くらいの大きさにまでなります。

 

筋層内筋腫は、小さい物だとほとんど症状が出ませんが、
大きくなると月経時の経血量が増え、レバー状の血の固まりが出ることもあるでしょう。

 

 

粘膜下筋腫

 

3種類の中で、最も重症だといわれている筋腫が、粘膜下筋腫です。
子宮内膜に筋腫ができるため、子宮内の壁が凸凹してしまいます。

 

そうなると、受精卵が着床しにくくなり、不妊症の原因にもなってしまうのです。

 

筋腫の大きさが小さくても症状が重く、
過多・過長月経になったり、月経時に激しい痛みを感じることもあります。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、20代〜30代の女性に多く発生する女性特有の病気のことです。

 

月経がくると子宮口から血液が排出されますが、その血液が逆流する場合があります。

 

逆流した血液の中には子宮内膜細胞と呼ばれるものが含まれており、
これが逆流時に子宮以外の場所で留まってしまうと、子宮内膜と同じような組織を形成します。

 

それが子宮内膜症という病気です。

 

子宮内膜症になると、以下のような症状が現われます。

 

・月経痛の痛み
・腰部および下腹部の痛み
・性交痛
・吐き気
・下痢
・血尿
・頻尿
・不妊
・卵巣がん

 

子宮内膜症が悪化すると、月経時に我慢できないほどの強烈な痛みを伴います。

 

この痛みは、通常の月経時に感じる痛みとは比べものになりません。

 

月経時の強烈な痛みは子宮内膜症の最も代表的な症状なので、
これが現れた場合はすぐにでも病院で検査を行うようにしましょう。

 

また、子宮内膜症をそのまま放置すると、卵巣ガンを発生させる可能性がありますし、
不妊の原因にもなるので注意してください。

子宮腺筋症

子宮腺筋症は、通常、子宮内にあるはずの子宮内膜が、
子宮の筋層の中に入り込んでしまう病気です。

 

子宮腺筋症

 

子宮内膜によく似た組織が子宮の筋層内にできます。

 

子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に組織ができますが、
子宮腺筋症は子宮にできるという違いがあります。

 

子宮腺筋症は、子宮筋腫とも似ているところがあります。

 

筋腫の場合はこぶができますが、腺筋症の場合はこぶは見られず、
子宮全体が大きく固くなっていきます。

 

子宮内膜というのは、生理の時に血液と一緒に剥がれ落ちます。

 

しかし、子宮内膜が子宮筋層に入り込んでしまっている場合には、
入り込んでしまった子宮内膜からも生理の時に出血してしまいます。

 

このことが病気の原因になると考えられているのです。

 

子宮腺筋症は、強い腹痛を引き起こすのが特徴で、不妊の原因にもなります。

 

主に30代後半〜50代前半の女性に起こりやすい病気で、強い腹痛以外にも、
月経痛、月経過多、不正出血、性交痛、月経困難など、様々な症状が表れるでしょう。

 

不正出血や月経過多が続くと、貧血になって日常生活に支障をきたすこともあります。

 

心当たりのある人は、早めに婦人科を受診した方が良いですね。
放置しておくと、どんどん悪化してしまいます。

 

一般的に、子宮腺筋症の検査には、超音波診断とMRIが用いられますから、
できるだけ早く受けるようにしてください。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善