子宮筋腫の症状を治療するには?

子宮筋腫の内診

子宮筋腫は、筋腫がまだ小さいうちは自覚症状もあまり無いうえに、
外から触っただけでは分かりません。

 

婦人科の定期検診やほかの病気の診察で始めて発覚したり、
偶然見つかったりすることが多いようです。

 

子宮筋腫の症状でもっとも多いのが月経の変化です。

 

病院によって子宮筋腫の検査方法は違ってきますが、
一般には、問診から始めるところが多いようです。

 

問診では、日常的な症状や痛みの強さや場所、
月経について詳しく質問されるので事前に把握しておくようにしましょう。

 

内診では、子宮の形などを把握することが出来ます。

 

しこりの位置や大きさを把握することが出来る大切な検査になりますが、
どうしても内診をしてほしくないという人には、
超音波検査(エコー)で筋腫の確認をおこなう病院も多いようです。

子宮筋腫の検査

内診や超音波検査でしこりが確認された場合、
より正確な状態を判断するためにCT検査やMRI検査を行います。

 

子宮筋腫と子宮腺筋症の判別が難しい場合などにも使用されます。

 

子宮筋腫の疑いがある場合、次のような検査を行うことが多いでしょう。

・画像検査
・血液検査
・腫瘍マーカー検査
・子宮卵管造影検査
・子宮鏡検査
・子宮癌検査
・心電図検査


MRIやCTによる画像検査を医師から勧められます。

 

それに、子宮筋腫になると貧血を起こしやすくなるので、
血液検査も行われるでしょう。

 

子宮内膜症も併せて発症していないかを確認する場合には、
腫瘍マーカー検査を行います。

 

子宮卵管造影検査や子宮鏡検査、
子宮癌検査といった検査を勧められる場合もあります。

 

また、貧血が酷い場合は、心電図検査をすることもあります。

 

どのような検査をするのかは受診する病院や担当医によって異なるため、
これ以外の検査を勧められることもあるかもしれません。

 

子宮筋腫を放置してしまうと、どんどんサイズが大きくなってしまって、
症状を悪化させる恐れがあるので、早めに検査を受けた方がいいです。

 

月経痛が今までよりも酷くなったり、貧血を起こしやすくなった場合は、
子宮筋腫の可能性が高いと思っていいでしょう。

 

定期健診などでは保険は適用されませんが、
何らかの異常を感じ、検査を受ける場合は保険が適用され、
5000円から10000円内で問診や内診をしてもらえる病院が多いです。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善