子宮筋腫の症状を治療するには?

子宮筋腫

子宮筋腫は女性の病気の中でも、とくに多い病気です。

 

40歳の女性の4人に1人は子宮筋腫をもつといわれています。

 

実際には、ごく小さな米粒ぐらいの筋腫まで含めれば、
ほとんどの人がもっているといってもいいほどです。

 

子宮筋腫があることに気付かないまま、過ごしている人も少なくないのです。

 

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。
しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります。

 

子宮筋腫とはどんな病気

一般的には、子宮筋腫は月経がダラダラ続く、月経時の出血量が多い、貧血がある、
月経痛がひどいなど、月経に関連した症状で気付くことが多いようです。

 

月経が10日以上も続いたり、出血量が多くなって貧血を起こしたり、
動悸や息切れを起こす人もいます。

 

子宮筋腫は複数個できることが多く、数や大きさはさまざまです。
大きさやできた場所によって症状が違ってきます。

 

筋腫がどの方向に育っていくかで3種類に分けられます。

 

一番多いのが、子宮の筋肉の中で筋腫が大きくなっていく「筋層内筋腫」
次が子宮の外側に向かって成長する「しょう膜下筋腫」
そして症状が一番強く現れやすいのが子宮の内側に向かって発育していく「粘膜下筋腫」です。

 

子宮筋腫とはどんな病気

子宮筋腫の原因

子宮の壁は、平滑筋という筋肉でできています。
妊娠によって子宮が大きくなったり、出産の時に陣痛が起こるのもこの筋肉が伸縮するからです。

 

子宮筋腫は、この筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋の細胞が異常に増殖したものです。

 

なぜ、細胞が異常な増殖を始めるのか、その原因はよくわかっていません。

 

しかし、初経が始まった後に子宮筋腫ができてくることから、
おそらく生まれつきもっている「素因」にエストロゲンなど女性ホルモンの影響が加わり、
子宮筋腫が成長していくのではないか、と考えられています。

 

素因は、生まれつきの体質のようなものです。
したがって、一度筋腫を摘出しても、また別の筋腫のタネが育って大きくなるということも、しばしば起こるのです。

子宮筋腫は自宅で改善できる

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!

 

10年間苦しんできた生理痛が、
10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 → 子宮筋腫を手術しないで消滅させる

 

子宮筋腫 改善